国道243号線
243号線
 
起点 北海道網走市
終点 北海道根室市
総延長 173.1 km
 
スタート 2016年09月22日 8:00頃
ゴール 2016年09月22日 14:00頃
所要時間 約 6.0 時間(順走)
平均速度 約 28.9 km/h

 

次は243号線です。
243号線は、北海道網走市の南4東1交差点から始まり、南進して屈斜路湖のそばを通り過ぎ、別海町から根室市に入り、根室市厚床で 44号線 に至るまでの 173.1 km です。

一つ前に走った国道 244号線 とは起点、終点とも同一です。244号線は網走からオホーツク海沿い、根室海峡沿いと、海沿いを走って厚床に至るのに対し、この243号線はずっと内陸部を走ります。

順走します。

     
  それでは243号線のスタートです。網走市内の「南4西1」交差点です。何度も書いていますが、この交差点は南から見ると「南4西1」交差点ですが、北から見ると「南4東1」交差点です。
そしてこの交差点は、242号線、243号線、244号線 の起点、39号線240号線391号線 の終点となっているとても重要な交差点です。そういった都合上、何度となくこの場所に来ているのですが、今回の243号線で最後です。
 
243号線スタート
243号線スタート
     
 

スタート直後は242号線、39号線、240号線と重複です。

右の地図の A がスタート地点なのですが、スタート直後は A → B → C と進みます。A → C と進むのがスムーズな気がするのですが、何故か一度網走川を渡り、ぐるっと回ってから C 地点経由で西へ進みます。

     
 

網走には「モヨロ貝塚」という遺跡があります。これはオホーツク文化の遺跡なんだそうで、今回が網走に来る最後になりそうなので、ちょっと寄ってみました。

ところが、モヨロ貝塚は、入れるのが朝 9:00 からなのです。この日ここに着いたのは 8:00 くらいで、残念ながら時間が早すぎて入れませんでした。(-_-;)

右の写真は駐車場の様子で、正面の建物から歩道橋に登り、道を渡って向こうの建物に行き、そこから貝塚へ行けるようです。
ちょと残念。。。

モヨロ貝塚
モヨロ貝塚
     
  モヨロ貝塚駐車場を後にして、B 地点経由で、C 地点です。ここは正面にJR網走駅が見えます。ここを右折。
 
網走駅
網走駅
     
  しばらくは39号線や240号線と重複です。
土産物なども無い 大空町女満別に「メルヘンの丘」という場所があります。ビューポイントパーキング女満別「メルヘンの丘」という長い名前の(^_^;) 駐車場があり、こういう景色が見られます。美しい。
ちなみに「駐車場」と言っても路肩が少し広くなっているだけの簡単な駐車場です。
 
メルヘンの丘
メルヘンの丘
     
  起点から美幌町新町の新町1交差点までは、39号線、240号線と重複しています。新町1交差点で39号線が分岐します。
 
39号線が分岐
39号線が分岐
     
  そしてその直後、美幌町大通南1交差点で243号線と240号線は分岐します。下の写真は大通南1交差点の一つ北の大通北1交差点で、ここから案内標識が確認できます。もう一つ先の大通南1交差点で243号線は左折です。
 
大通北1
大通北1
     
  大通南1交差点の様子です。角に2連標識が立っていて、直進が240号線、左折が243号線となっています。
 
大通南1
大通南1
     
  左折直後です。なんと243号線の「起点」のキロポストがあるではありませんか。
243号線は網走市内が起点のはずですが、、、、(でも実際はここが起点なのが自然にも思えます。)
 
起点
起点
     
  大通南1交差点から 2 km の地点です。
 
2 km 地点
2 km 地点
     
  ちょっとくたびれた感じで、色が薄くなっている標識を発見。
キロポスト「美幌から 2 km」は新しくハッキリしていて、対照的ですね。
かすれた標識
かすれた標識
     
  しばらく進んでいると、上のキロポストと下の写真のようなキロポストが交互に現れます。上のタイプは 2 km、3 km と言った、キリのよい値で、下のキロポストは、2.5 km、3.5 km のような、その間の 500 m 単位で設置されているようです。
 
小さなキロポスト
小さなキロポスト
     
  この 0.5 km のキロポストは道路端のちょっと離れた場所に多く、いまいち見づらいです。上の写真は比較的見やすいものですが、もっと道路から離れた場所に設置してあるものも多い印象でした。
小さなキロポスト拡大
小さなキロポスト拡大
     
 

そして243号線は屈斜路湖のそばに進みます。

右の地図の左上から出てきて、屈斜路湖の西岸〜南岸に沿って走るのが243号線です。

地図の A 地点に展望台+道の駅があり、屈斜路湖を望めます。また、B 地点にも展望台があるようです。

  下の写真が A 地点の美幌峠の様子です。奥に屈斜路湖が見えています。そしてこの写真を撮っているすぐ右に道の駅があります。
 
美幌峠
美幌峠
     
  道の駅は後にして、展望台に進みます。
展望台の手前に「美幌峠」の看板と屈斜路湖が見える場所があります。記念写真撮るにはには良い場所です。
 
屈斜路湖
屈斜路湖
     
  展望台から見た屈斜路湖の様子です。この展望台からは屈斜路湖がとても良く見えます。
ちなみに写真に写っている左下の道路が243号線で、さらに目の前を進んで、右に写っている道路まで進みます。
 
屈斜路湖パノラマ
屈斜路湖パノラマ
     
  展望台から降りた場所に道の駅があります。
道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠 です。
道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠
道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠
     
  道の駅の駐車場にクルマを止めたのですが、この駐車場にキツネが出現! これはキタキツネ? カワイイです。
 
キタキツネ
キタキツネ
     
  美幌峠を後にして屈斜路湖の湖岸に出ます。もう一つの B 地点の展望台(津別峠展望施設)に行ってみようと思ったのですが、、、
243号線から B 地点へ向かうには、道道588号線を進みます。しかし道道588号線の入口に下のような案内が。何と、土砂崩れで路肩欠壊のため通行止め、となっているではありませんか。今年は台風7号、9号、11号と3つの台風が北海道に上陸し、それとは別に10号が大きな被害を与えています。この通行止めもその影響でしょうか。
 
道道588号線
道道588号線
     
  行けるところまで行ってみようかと思ったのですが、幾らも進まないうちに通行止めになってしまいました。残念。
 
通行止め
通行止め
     
  屈斜路湖を後にして先に進みます。するとここでもやはり、黄色と黒の例の奴を発見。
 
クッションポスト発見
クッションポスト発見
     
  このクッションポストは、横に国道番号が書いてあり、正面には標識が貼り付けてあるというタイプです。このタイプもあまり見ない気がしますね。
     
  そして少し進むと391号線が合流してきます。この先しばらく重複します。
 
391号線が合流
391号線が合流
     
  391号線との重複を示す2連標識があったので撮影。
 
2連標識
2連標識
     
  続いて 241号線 の起点があります。
243/391号線はこの先の交差点を左折です。路面が赤と青(水色)でペイントされていますが、赤の方向へ進みます。
 
241号線の起点
241号線の起点
     
  そしてほどなく391号線が分岐します。重複区間は約 6.4 km。
 
391号線が分岐
391号線が分岐
     
  243号線でもやはり真っ直ぐな道があります。ずっと向こうまで真っ直ぐです。すごいです。(@_@) さすが北海道。
 
真っ直ぐな道
真っ直ぐな道
     
  続いて別海町に入ります。ここもかなり真っ直ぐな道ですね。(牛の標識が可愛い。(^_^;))
 
別海町
別海町
     
  道路の端を示す赤白矢印の支柱に小さな縦型キロポストが設置してありました。これも撮影。
小さな縦型キロポスト
小さな縦型キロポスト
     
  さらに少し先で、また違ったキロポストを発見。
 
81 km
81 km
     
  拡大したのが右の写真です。81 は起点からの距離ですが、「L-1」は何を表すのでしょうか???
L-1
L-1
     
  さらに進むとこんな標識を発見。なんだかすごく低いです。(^_^;)
 
低い
低い
     
  続いて 272号線 と交差します。ここは立体交差になっていて、243号線の下を272号線がくぐっています。
まず一つ目の案内標識の場所では、左折(中標津)方向へ合流します。
 
272号線と交差
272号線と交差
     
  そしてすぐ先では右折のみ。こちらは釧路方面です。
 
272号線と合流2
272号線と合流2
     
  別海町の市街地へ向います。案内標識の下にキロポストが立っています。
 
別海町へ
別海町へ
     
 

このキロポストの下には「パイロットトレーニングコース」の標識も設置してあります。この標識は太陽と鶴(丹頂鶴)ですが、牛のものなど、何種類かあるようです。

この「パイロットトレーニングコース」とは何の「トレーニング」なんでしょう???

ちなみに調べてみると、243号線は「パイロット国道」との別名があり、この243号線を走る マラソン大会 があるようです。このあたりと何か関連があるのでしょうか。

なお、この「パイロット」は、飛行機のパイロットではなく、パイロットファーム(実験牧場)がたくさんあることから名付けられたのだとか。

パイロットトレーニングコース
パイロットトレーニングコース
     
  上の別海町の写真でも写っていますが、このあたりは牧場がたくさんあって、牛が飼われています。
したがってこんな標識があります。これも北海道ならでは。
 
牛横断注意
牛横断注意
     
  別海町の市街地に到着です。ここまでずっと東進してきましたが、ここで右折して南下します。
 
別海町
別海町
     
  少し南下すると、244号線が合流です。道路の作りから言うと、南北に走る244号線に横から243号線が合流していく感じですが、これから南は、数字の小さい243号線の方が優先され、表示は243号線となります。
 
244号線が合流
244号線が合流
     
  そしてゴール地点の厚床(あっとこ)2丁目交差点です。正面に見えているのはJR厚床駅の駅舎です。
 
243号線ゴール
243号線ゴール
     
 

そしてここには終点を示すキロポストが設置してあります。
これでゴールです。

終点
終点
     
 

243号線は終了しましたが、せっかくなので、霧多布岬 にも行ってみることにします。(今回は霧多布岬にも行きたかったので、243号線本線はけっこう急いで走った感じです。そのため平均速度が 28.9 km/h と少し速めです。)

霧多布岬は昔北海道に来たときにやはり行きましたが、その時は天気が悪く、名前の通り濃霧だったので、状況がよくわかりませんでした。今回はそんなに悪くない天気(曇り)だったので、良く状況がわかります。

下の写真は霧多布岬の北側の展望台付近から撮ったものです。左の先へ延びるのが霧多布岬。赤と白の建物が 湯沸岬灯台
ちなみに岬は「霧多布岬」と呼ばれていますが、本当は「湯沸(とうぶつ)岬」が正式?な名称かもしれません。灯台の名前は「湯沸岬灯台」ですからね。

 
霧多布岬
霧多布岬
     
  赤い部分が印象的な湯沸岬灯台です。この横を通り過ぎて岬の先へ進みます。
 
湯沸岬灯台
湯沸岬灯台
     
  「きりたっぷ岬」の表示があります。奥に陸地が見えていますが、あれは北海道の一部(厚岸郡浜中付近)と思われます。
 
きりたっぷ岬
きりたっぷ岬
     
  そして岬の先へ降りていきます。
 
岬の先へ
岬の先へ
     
  降りた先には歌碑が建っています。
「かねてより あらきしほ路と きいたふの 島根にたかく よする志らなみ」
読みづらいのですが、とあるようです。これは 松浦武四郎 の歌なのだそうで。私はよく知りませんが、なんでも松浦武四郎とは、「北海道」の名付け親なのだとか。さらに前方にはいくつか岩が並んでおり、鳥がたくさんとまっています。
 
降りた先
降りた先
     
  柵の先に行ってみました。
下に降りるとロープが張ってあり「この先立ち入りを禁止します」とあります。つまりここが(一般人の)岬の最先端。
 
さらに下
さらに下
     
  霧多布岬を堪能したので戻ります。岬の付け根に町があり、浜中町と言います。
どうやらこの日は祭りが行われているようでした。どういう祭りかはわかりませんが、左のような踊りや、右のようなクルマを改造したと思われる山車が見られました。ラッキー。(^_^)/
 
祭り1
祭り1
祭り2
祭り2
 

これで243号線は終了です。
この国道は屈斜路湖と霧多布岬が印象的でした。やはり北海道、素晴らしいです。
今回の一連の北海道ツアーでは、先に納沙布岬にも行っていますが、土産物屋などもまったく無い霧多布岬の方が「最果て感」が満載でとても良かったですね。\(^_^)/

  次は、392号線です。  

 前の国道(244号線)へ
「国道201号から300号まで」へ戻る

トップへ