国道272号線
272号線
 
起点 北海道釧路市
終点 北海道標津郡標津町
総延長 113.1 km
 
スタート 2015年09月24日 11:30 頃
ゴール 2015年09月24日 16:15 頃
総時間 約 4.75 時間(逆走)
平均速度 約 23.8 km/h

 

次は272号線です。
272号線は、北海道釧路市の幣舞ロータリーから始まり、北東に進んで、北海道標津郡標津町で根室海峡(244号線)に突き当たって終了するまでの 113.1 km です。起点からしばらくは、44号線と重複しています。
逆走します。

     
 

272号線を走行する前に、終点の近くにある「野付半島」に行きました。

野付半島は日本最大の砂嘴(さし)だそうです。なんでこんな形の土地ができるのか。(@_@) すごいですよね〜。

野付半島は一部で「この世の果て」と呼ばれているそうなのですが、確かに最果て感満点。日本で一番好きな場所かもしれません。(といっても来るのは2回目ですが。)

野付半島は道道950号線が途中まで走っているので、クルマで行けます。950号線は右の地図の左上で、国道244号線から分岐します。(ちなみに道道950号線は別名「野付風蓮公園線」と言うようですね。)

     
  それでは道道950号線に進みます。国道244号線から分岐です。
 
道道950号線
道道950号線
     
  道道950号線の途中には何箇所か駐車場があります。下の写真はそのうちの1つで、950号線スタート直後の野付半島の根室海峡と野付湾にはさまれた細い部分にある駐車場です。海は根室海峡で、その向こうに国後島が見えています。
 
駐車場
駐車場
     
  そして下の写真はもう少し進んだ場所の駐車場です。これは野付湾側を見ています。
野付半島が「この世の果て」と呼ばれるのは、トドマツが立ち枯れた「トドワラ」、ミズナラが立ち枯れた「ナラワラ」の風景を指してのことと思います。この写真の奥に映っているのは、そのうちの「ナラワラ」の様子です。ナラワラはこの白い木の様子から「骸骨が並んでいる」と例えられるそうで、そう思って見ると確かに「この世の果て」っぽいかも。
ちなみに「トドワラ」は、少し先にある「野付半島ネイチャーセンター」から歩いて行けるそうですが、この日は時間的にムリなので、また次の機会です。(いつだそれ??(^_^;)
 
ナラワラ
ナラワラ
     
  さらに進むと道道950号線が終わります。(「終わる」と書きましたが950号線はこちら側が起点です。)
ここには駐車場があります。そして奥に灯台が見えていますね。
 
道道950号線おわり
道道950号線おわり
     
  道道950号線のさらに先は未舗装路になります。そして「関係者以外車両進入禁止」。奥の看板は「一般車両乗り入れ禁止」とあります。クルマはダメ。それじゃ人は??? う〜む。しばし悩んで、灯台まで行ってみることにします。(人も入っちゃダメなんだったらゴメンなさい。)
 
     
  「別海十景 竜神崎」とあります。そして奥には灯台。(野付埼灯台
この場所から灯台までは、一応まっすぐ踏み跡のようなものがありますが、水浸しで沼みたいになっているので、写真の左側から回り込みます。(道があります。)
 
竜神崎
竜神崎
     
  海側から見た野付埼灯台です。コンパクトな灯台です。
灯台から先にはさらに道が続いていて、地図で見る限り、野付半島の本当に突端まで行けるようです。2つ上の写真に電柱が映っていますが、その最突端まで電線がずっと引いてあるようです。しかしちょっと(かなり)距離があるので、引き返します。(^_^;)
 
野付埼灯台
野付埼灯台
     
  駐車場まで戻ってきました。道道950号線の起点の印があります。そして遠くに見えるは知床連山でしょうか。
 
駐車場に戻る
駐車場に戻る
     
  そして再び950号線を走り、国道244号線まで戻ってきました。ここを右折して272号線のスタート地点に向かいます。
 
950号線終点
950号線終点
     
  というわけで、ずいぶん寄り道しましたが、やっと272号線のスタートです。
道道950号線と国道244号線の交点から272号線のスタート地点(南7西1交差点)までは約 2.6 km です。244号線を北上してきて一度交差点を通り過ぎ、すぐの場所のセイコーマート(標津まるよし店)で休憩したので、この交差点には下の写真のように北から進入です。
 
272号線スタート
272号線スタート
     
  スタートするとすぐに一つ目のおにぎり標識。「すべる注意」とありますね。珍しい。
 
すべる注意
すべる注意
     
  スタート地点の南7西1交差点を272号線側から見たのが下の写真です。正面の信号の上にある標識には「南7東1」とあります。例によってこの交差点は、見る方向によって名前が変わる交差点のようです。分かりづらい、、、、
 
南7西1交差点
南7西1交差点
     
  ここは272号線の終点なので終点の印がありますね。
こういうハッキリした印があるのはわかりやすいです。
終点の印
終点の印
     
  終点の印がついているポールを別方向から見ると、また違う標識がついています。
 
「終点」の裏
「終点」の裏
     
  「99 R-3」とあります。
これは一体どういう意味???
99 R-3
99 R-3
     
  さて、やっと (^_^;) スタートしました。
しばらく進むと、少し開けた場所から遠くに山が望める場所に来ました。山は知床連山?でしょうか。ちなみに手前は畑です。北海道のその他の国道の例に漏れず、272号線でも畑多いです。
 
山
     
  中標津町市街地を通過します。(前日は中標津町で宿泊でした。)
市街地を過ぎると、少し先で国道は左折します。
 
左折
左折
     
  左折した先はこんな感じで、やはりまっすぐが道が続いています。ここでも「すべる注意」。この辺はよほど滑るのか。(^_^)
 
左折した先
左折した先
     
  そしてやはり牧場もたくさん見られます。牛がたくさん。走っていると「牧場の臭い」もかなりします。
 
牧場
牧場
     
  このあたりでは「牛横断注意」の標識がよく見られます。
 
牛横断注意
牛横断注意
     
  ちょっと拡大。
牛横断注意拡大
牛横断注意拡大
     
  そうこうしているうちに、243号線と交差です。正面奥に遠く見える高架が243号線で、ここは立体交差ですね。
 
234号線と交差
234号線と交差
     
  272号線でも黄色と黒の例のヤツ(クッションポスト)を発見。しかしこのクッションポストはガードレールの向こう側に設置してあり、本来の役目を果たせそうにないですね。(T_T)
 
黄色と黒
黄色と黒
     
  このクッションポストは、国道の番号は文字で記載する方式でした。
クッションポスト
クッションポスト
     
  ちなみにこのあたりは、国道が陸上自衛隊別海駐屯地矢臼別演習場の西端を横断しています。
もちろん演習場には立入禁止。
 
自衛隊演習場
自衛隊演習場
     
  牛横断注意の標識には違うパターンのものもありました。
 
牛横断注意その2
牛横断注意その2
     
  この標識は黒の他に白も使われています。2色刷。
牛横断注意その2拡大
牛横断注意その2拡大
     
  さらに先に進みます。後半は結構同じような景色が続き、ちょっと単調です。
44号線との合流地点が近づいてきました。「三日月橋」という橋です。
 
三日月橋
三日月橋
     
  ここにもキロポストが設置してありますが、1 km となっていますね。44号線に合流するまでの距離でしょう。。。
 
1.01 km
1.01 km
1 km
1 km
     
  そして44号線に合流です。この交差点で右折して釧路まで44号線と重複です。
 
44号線に合流
44号線に合流
     
  逆側から見たのが次の写真です。よく見ると交差点の角に起点の印があります。
 
逆側から
逆側から
     
  272号線の起点は釧路市内のはずですが、ここに起点の印があるのです。確かに272号線の単独区間の始まりはこの交差点なのですが。。。
起点拡大
起点拡大
     
  この交差点の手前は跨線橋になっていて、下をJR根室本線が走っています。ちょうど列車がやってきました。1両編成ですが。
ちなみに左奥に青い案内標識が見えていますが、あそこが44号線です。
 
根室本線
根室本線
     
  44号線に合流後、釧路市内に向かいます。44号線とはゴール地点まで約 13.5 km 重複します。
釧路市内に入り、くねくねと走った後、北大通5交差点を左折します。
 
釧路市内
釧路市内
     
  すると正面にロータリーが見えてきます。
 
ロータリー前
ロータリー前
     
  そしてついにロータリーに至ります。ここが本日のゴール地点です。
 
ロータリー
ロータリー
     
  ロータリーの中央に38号線の終点の印が立っています。ここに272号線の何かを示すものは何もありませんが、その代わりにコイツを撮影です。
272号線ゴール
272号線ゴール
 

これで272号線は終了です。
今回は何と言っても野付半島が素晴らしかったです。\(^_^)/ また行きたいなぁ。
272号線は北海道らしい、畑と牧場の間を走る道路でした。その他にはあまり特徴が無い。(^_^;)

  次は、240号線です。  

 前の国道(335号線)へ
「国道201号から300号まで」へ戻る

トップへ