●青森県青森市青い森公園前●
青い森公園前
 

青森県青森市の青い森公園前にある標柱です。

この場所は、次の国道の始終点となっています。

国道 走行日 始終点
2007年05月06日
終点
2007年05月04日
終点
2008年05月04日
終点
2009年08月15日
始点
     
 

ここは、青森市内中心部の青森県庁の隣、青い森公園前です。標柱は、道の北側(青い森公園側)、青い森公園の南西部にあります。

青森の主要国道4本が集まる、重要な場所ですね。

   
  ここには大きな標柱(石柱)と石碑があります。
 
青い森公園前1
青い森公園前1
     
  石碑の拡大です。
 
青い森公園前2
青い森公園前2
 

次のように書いてあります。

「国道の碑」と「道路標石」

 東京日本橋を起点とする国道四号と、新潟市を起点とする国道七号は、ここ青森市長島の地を終点としています。
 明治九年に国道指定されて以来、いにしえから、この地は、多くのくらし人や旅人が、そしてモノや情報が、東へ西へ南へ北へと忙しく行き交い、人々のくらしや産業、そして特色ある教育や文化を育んできました。
 道と都市、道と緑。賑わいの中の快い景観と、まばゆいばかりの都市の緑は、人々の記憶装置をも癒しています。
 この「国道の碑」と「道路標石」は、国道の整備とともに、青森が発展してきたことを末永く市民、県民に知っていただき、道路整備の意義、大切さを理解していただくために設置したものです。
 碑と標石は青森市在住の彫刻家鈴木正治氏が、人工物が多い時代の中で、自然の大切さを訴えることを意図として、自然石を利用して制作しています。
 ここに行き交う人々が、この碑と標石から、自然の暖かさ、美しさ、そしてその大切さを感じていただき、あわせて道路整備の意義と大切さを理解していただければ幸いです。

平成9年6月25日
建設省青森工事事務所
青森市

   
  車線の反対側から見るとこういう感じです。奥が青い森公園で、後ろに見えている建物は青森県庁のもののようです。
 
青い森公園前3
青い森公園前3
 

この標柱は公園のすぐ手前にあり、わかりやすいです。またすぐ手前にキロポスト(0キロポスト)も見えますね。キロポストには4号線、7号線の始終点であることが示されています。