国道159号線
159号線
 
起点 石川県七尾市
終点 石川県金沢市
総延長 64.8 km
 
スタート 2009年5月6日 13:15頃
ゴール 2009年5月6日 17:30頃
所要時間 約 3.75 時間(逆走)
平均速度 約 17.3 km/h

 

次は159号線です。

159号線は石川県七尾市の川原町交差点から始まり、同じく石川県金沢市のむさし交差点に至るまでの 64.8 km です。
逆走します。

     
 

逆走なので、金沢市からスタートです。ところが、スタート直後、159号線は2つのルートの分かれます。

右の地図では、金沢市役所のちょっと上の、県道13号線の印のあるあたりがむさし交差点です。ここから東進し、道は北と南に分岐しています。この交差点が橋場交差点で、前の国道、359号線の終点でもあります。北ルートはそのままJR森本駅前まで北進し、金沢森本ICから「山側環状」とある159号線に合流します。南ルートは、南から山側環状に乗って、そのまま北進です。

そこで今回は、先に山側環状を通って金沢森本ICまで行き、金沢市内に戻って来ることにします。その後再度山側環状を北上し、先へ進みます。

     
  それでは早速スタートです。南からむさし交差点に進入します。この交差点を右折してスタートです。
 
むさし交差点
むさし交差点
     
  そしてすぐに橋場交差点です。ここは右折して南ルートです。
 
橋場交差点
橋場交差点
     
  そして「山側環状」へ南端から乗ります。
 
山側環状へ
山側環状へ
     
  金沢森本ICまで進み、月浦バイパスからJR森本駅方面に抜けます。JR森本駅前を通って南下し、金沢市内に戻ります。下の写真は森本駅前を過ぎたあたりで、右に北陸本線の高架、正面に北陸自動車道の高架が見えています。
 
百坂北
百坂北
     
  そしてまた金沢市内に戻ってきます。橋場交差点です。ここは直進です。また同じ道ですね。
 
橋場交差点
橋場交差点
     
 

橋場交差点を過ぎると、道はクランク状に曲がって、兼六園下交差点を左折します。右の写真は左折した直後にあったキロポストです。67 km となっていますね。
このページの上の情報欄の総延長は Wikipedia の 日本の一般国道一覧ページ から数値を拾ってきているんですが、ちょっと値が違っているようです。実際に立っているキロポストの方が正しいのでしょうね。たぶん。

 

 

兼六園下
兼六園下
     
  このキロポストの写真を撮ったあたりから振り返ってみた様子です。正面の森は金沢城です。
 
金沢城
金沢城
     
  再び山側環状に乗り、ぐぐぐっと北上します。そしてJR北陸本線から分かれた七尾線に沿って北上です。この写真は七尾線の高松駅の直前です。道の奥に青い案内標識が見えていますが、あの標識の場所を右折すると高松駅があります。(高松というと香川県のような気がしますね。)
 
高松付近
高松付近
     
  そして249号線との分岐点に来ます。249号線 走ったときにもここで写真撮ってます。
 
249号線と分岐
249号線と分岐
     
  そして七尾へ向かいます。
 
そして七尾へ
そして七尾へ
     
  このあたりは押水バイパスと言うそうで、快調に走れます。
 
あと 30 km
あと 30 km
     
  やはり少し山がちになります。しかし159号線は、基本的には七尾と羽咋のあいだの比較的平らな場所を通るので、こういう感じの道が続きます。
 
羽咋市若部
羽咋市若部
     
  あと 8 km になりました。
 
あと 8 km
あと 8 km
     
  七尾市市街地へ入り、すぐに川原交差点に到着です。
 
そして川原交差点
そして川原交差点
 

これで159号線は終了です!

この国道はざっくり終わりましたね。金沢市付近のくるくる回っている行程の後は速かったです。

今回山側環状と旧道区間とをくるくる回りましたが、どうも旧道区間はもう159号ではなくなっている気もするんですが、どうなんでしょうね。

この日はちょっと時間があるので、この後 和倉温泉 まで風呂だけ入りに行ってみました。こうゆうゆったりした行程も良いですね。

 

次は、470号線です。



 前の国道(359号線)へ
「国道101号から200号まで」へ戻る

トップへ