国道340号線
340号線
 
起点 岩手県陸前高田市
終点 青森県八戸市
総延長 253.1 km
 
前半スタート 2014年 9月21日 11:30 頃
前半ゴール 2014年 9月21日 16:15 頃

後半スタート 2014年 9月22日 7:45 頃
後半ゴール 2014年 9月22日 15:15 頃

総時間 約 12.25 時間(順走)
平均速度 約 20.7 km/h

 

次は340号線です。
340号線は岩手県陸前高田市の土手影から始まり、岩手県を北上して縦断し、青森県八戸市の塩町交差点で終了するまでの 253.1 km です。

ちょっと長いので、2日で走ります。初日は陸前高田から宮古まで。2日目に宮古から八戸までです。
順走します。

 

     
  前の国道 284号線 のゴール地点が340号線の起点でもあります。284号線終了後、奇跡の一本松を見てきて、340号線のスタートです。奇跡の一本松については、284号線のページで。
 
340号線スタート
340号線スタート
     
  スタート直後はこんな感じで、道路の左右は見事なくらい何もありません。東日本大震災は 2011年3月で、それから既に3年半以上経っていますが、、、、果たしてこのあたりは元に戻るのでしょうか。
 
スタート直後
スタート直後
     
  もう少し進んだ場所です。なんだか物足りないような、、、ひょっとしてここはかつては信号があったのでしょうか。
 
信号?
信号?
     
  上の写真の場所以降は普通の民家も現れ、普通の光景になっていきます。
そして少し進むと、343号線との分岐です。
 
343号線が分岐
343号線が分岐
     
  T字路を示す標識がありましたが、
 
標識の支柱
標識の支柱
     
  国道340号線のシールが貼ってありました。
早速撮影。
340号線
340号線
     
  そして少し先でポール標識も。
 
ポール標識
ポール標識
     
  340号線は、気仙川に沿ってどんどん北上します。
下の写真は来た方向を振り返って気仙川を撮ったもので、写真左から中央へ走っている道路が340号線です。
 
気仙川
気仙川
     
  そして107号線に合流します。ここは左折で盛岡・北上方面に向かいます。
 
107号線に合流
107号線に合流
     
  重複区間を示す2連標識です。2つの標識が斜めに並んでいて、ちょっと珍しいですね。
 
2連標識
2連標識
     
  そして107号線と分岐します。ちょっとわかりにくいですが、正面奥に見えている黄色い花畑(?)の向こうを右折します。
107号線との重複区間は、4 km ほどでした。
 
107号線と分岐
107号線と分岐
     
  右折すると340号線の単独区間になります。ポール標識2連、間に24キロのキロポスト、後ろにおにぎり標識。
 
340号線単独区間
340号線単独区間
     
  田んぼの間を抜けていく道も通ります。
 
田んぼ
田んぼ
     
  またポール標識です。2つ上の写真のポール標識も、よく見ると実は「岩手県」と書いてある上に「国道340号」と書いてある(?)のですが、国道の記載の方が上で「岩手県」の文字は余り見えません。
しかしこのポールは、「岩手県」をずいぶん主張していますね。(^_^;)
 
ポール標識
ポール標識
     
  少し進むと、283号線が合流してきます。しばらく283号線と重複です。
 
283号線が合流
283号線が合流
     
  重複を示す2連標識です。早速撮ります。
 
2連標識
2連標識
     
  そしてなんと、また283号線が合流です。
このあたりでは、283号線は北ルートと南ルートの2ルートがあり、この交差点がその2ルートの合流地点です。340号線ははじめに南ルートの途中から283号線に合流し、ここで北ルートとも合流、ということです。ちょっと複雑ですね。
 
また283号線が合流
また283号線が合流
     
  そして283号線と分かれます。283号線南ルートに合流してからは、約 10 km、北ルートが合流してからは、約 7 km 弱重複していました。
 
283号線と分岐
283号線と分岐
     
  283号線と分岐するあたりは遠野市の市街地です。分岐してすぐ、こんな山車を発見。よく見ると、奥の幟に「遠野まつり」とあります。この日はちょうど祭りの日だったようです。
 
遠野まつり
遠野まつり
     
  遠野市市街地を外れると、どんどん山道になります。ちょっと酷道感が出てきます。
 
山の中
山の中
     
  しかしまぁこんな感じで、さほど酷いことにはならずに(^_^;)、宮古市に入ります。
 
宮古市
宮古市
     
  この場所は、立丸(たてまる)峠と言うようです。宮古市川の標識を撮影。
 
立丸峠
立丸峠
     
  そして宮古市を進みます。森の中で木々の緑が奇麗ですね。
 
宮古市小国
宮古市小国
     
  しばらく進むと、106号線と合流です。ここを右折して、しばらく重複します。
 
106号線に合流
106号線に合流
     
  重複を示す2連標識がまたありました。これも撮ります。
 
また2連標識
また2連標識
     
  106号線はこの区間、閉伊川(へいがわ)とJR山田線と併走しています。途中、黄色の鉄橋を発見。
この場所は、閉伊川が蛇行しているところで、写真では右奥から来てここで折れ曲がり、目の前を通り過ぎていきます。ガードレールの見えている道路は国道ではなく、106/340号線は写真の外の右側を走っています。(蛇行した川沿いを走っているガードレールの道路は、旧国道かもしれません。)
 
JR山田線
JR山田線
     
  そして106号線と分岐します。106号線との重複区間は約 15 km です。340号線はここを左折してさらに北上するのですが、本日はここで終了です。このまま直進して宮古市内で宿泊します。次の日、ここからまたスタートします。
 
106号線と分岐
106号線と分岐
  というわけで、340号線パート1は終了です。2日目の行程は、パート2で。
  次は、340号線パート2です。  

 前の国道(284号線)へ
「国道301号から400号まで」へ戻る

トップへ