国道239号線
239号線
 
起点 北海道網走市
終点 北海道留萌市
総延長 346.6 km
 
スタート 2010年09月22日 7:45 頃
ゴール 2010年09月22日 15:45 頃
所要時間 約 8.0 時間(順走)
平均速度 約 43.3 km/h

 

次は239号線です。
239号線は北海道網走市の大曲1交差点から始まり、北海道北東部をオホーツク海に沿って北上し、紋別郡興部町から西進して天塩山地を横断して日本海側まで行き、南下して留萌市に至るまでの 346.6 km です。結構長いですね。順走します。

   
  さて、それではスタートです。網走市の大曲1交差点に東(39号線)から進入します。ここから紋別郡興部町までは 238号線 と重複なので、始点の案内標識には238号線の表示しか見られません。
ちなみにこの場所のすぐそばに、有名な(?)網走刑務所 があります。また、下の写真にも案内が少し見えていますが、この交差点を左折すると 博物館網走監獄 に行きます。今回は時間がないので、どちらへも行けませんでした。。。
 
239号線スタート
239号線スタート
     
  出発してしばらくは238号線と重複なので、前日通った道です。(方向が逆。)
能取湖の南を半周して、オホーツク海に出ます。前日は気がつかなかったんですがこのような光景が見られる場所がありました。ず〜っと向こうまで海岸線が続いています。さすが北海道、スケールがデカいです。
 
オホーツク海
オホーツク海
     
  北海道と言えば畑です。(偏見?) でもやっぱりこんな感じの美しい光景に遭遇します。本州じゃ見られませんよ。
 
畑
     
  紋別郡興部町です。ここで238号線と別れ、重複区間が終了します。
 
238号線と分岐
238号線と分岐
     
  238号線と分かれてしばらく進むと、0.5 km のキロポストがあります。
 
0.5 km
0.5 km
     
  あれ、0.5 km? 重複区間は考慮されてない?
0.5 km 拡大
0.5 km 拡大
   
  そして天塩山地へ入っていきます。まずは名寄を目指します。あと 52 km。
 
名寄へ 52 km
名寄へ 52 km
     
  2010年は、宮崎で口蹄疫 が流行しました。口蹄疫は 3月頃発生し、8月27日に終息宣言が出されています。
その影響なんでしょうか。牧場の入口には下のような白いものが。消毒用石灰でしょうか。けっこうそこここで見られます。
 
消毒用石灰
消毒用石灰
     
  239号線にもやはりこの黄色と黒のヤツがあります。早速撮影。
 
黄色と黒のヤツ
黄色と黒のヤツ
     
  見ての通り、国道番号だけが書いてあるタイプですね。
黄色と黒のヤツ2
黄色と黒のヤツ2
   
  そして名寄市です。ここで40号線に合流します。
 
40号線に合流
40号線に合流
     
  しばらく40号線と重複です。
 
40号線と重複
40号線と重複
     
  40号線と重複しながら名寄市を抜けて、士別市へ向かいます。
 
重複区間
重複区間
     
  2連おにぎりを発見したので、早速撮影。
2連おにぎり
2連おにぎり
   
  士別市市街地で40号線と分岐します。
 
40号線と分岐
40号線と分岐
     
  キロポストがありますが、よく見ると「興部から 94 km」となっています。
 
興部から 94 km
興部から 94 km
     
  やはり距離の基準は興部のようです。何で網走じゃないんでしょうか??
もう一つ、士 - 522 とある標識も撮っておきました。「士」は「士別」から来てるんでしょうか?
 
興部から 94 km 拡大
興部から 94 km 拡大
士 - 522
士 - 522
     
  士別市街からまた山の中に入っていきます。すると、トヨタ自動車士別試験場があります。ちょっと寄ってみました。
 
トヨタ自動車士別試験場
トヨタ自動車士別試験場
     
 
士別試験場看板
士別試験場看板
 

士別試験場は、Google Maps で見ると、右上のようにはっきり形が確認できます。入口の写真を撮っとこうと思って、入口まで行ってみるんですが、守衛の人にあえなく追っ払われてしまいました。入口の看板すら撮影禁止だそうで。笑

しょうがないので、下のように遠くからですが、駐車場だけ撮ってみました。後ろに見えているのはコースの一部でしょうか?
ちなみに止まっているクルマはほとんどがトヨタ車です。当たり前か。でも右の方に見えている赤いクルマはニッサン・ステージアです。これだけ異彩を放っている??

 
駐車場
駐車場
     
 

オホーツク海沿いを走っている頃はよく晴れていたんですが、士別試験場を出る頃から雨が降り出してきました。先に進むに従ってどんどん激しくなっていき、そのうちすごい雨になってしまいました。土砂降りです。もうクルマから出られません。
その後239号線には275号線が合流してきて、少し重複した後すぐに分岐します。下の写真はその分岐点の様子です。とても車外に出て写真を撮れる状態じゃないので、これは車内から撮っています。

 
275号線と分岐
275号線と分岐
     
  この標識には「観月国道」とあります。「観月国道」は239号線の別名だそうです。
 
観月国道
観月国道
 

この写真を撮ったあたりは既に山を降り始めたところですが、降りるに従って雨は小降りになってきました。もう小雨で、車外に出ても平気です。

観月国道拡大
観月国道拡大
     
  ポールに巻き付けた標識があったので、これも撮っておきます。
巻き付け標識
巻き付け標識
     
  かなり山を下りてきました。日本海に出るまであと少しです。このあたりでは雨は完全に止んで、日が照ってきました。
 
畑2
畑2
     
  そして日本海側に出ました。232号線に合流です。ここから留萌までは223号線と重複です。
 
232号線に合流
232号線に合流
     
  この日はすごい西風が吹いていました。風にあおられて波も高く、日本海は荒れています。
 
荒れる日本海
荒れる日本海
     
  風にあおられて、泡が立っています。この泡もさらに風にあおられて道路まで吹き上げていました。
 
泡
     
  そんな風の中、どんどん南下して、留萌市です。中心部へ入っていき、元川町2丁目交差点で終了です。この交差点は231号線と233号線の終点でもあります。
 
 

これで239号線は終了です。
239号線は晴れあり、曇りあり、土砂降りあり、強風ありと、なかなか楽しめました。
また、かなり(相当)快調に走れ、平均速度が 43.3 km/h と、なりました。平均ですよ平均。笑

  次の国道は232号線です。
 

 前の国道(238号線)へ
「国道201号から300号まで」へ戻る

トップへ