国道160号線
160号線
 
起点 石川県七尾市
終点 富山県高岡市
総延長 45.8 km
 
スタート 2009年5月5日 16:30頃
ゴール 2009年5月5日 18:00頃
所要時間 約 1.5 時間(順走)
平均速度 約 30.5 km/h

 

次は160号線です。

160号線は石川県七尾市の川原町交差点から始まり、富山湾沿いに氷見市まで南下し、その後高岡市で8号線にぶつかって終了するまでの 45.8 km です。今度は、前の国道249号線の約 250 km に比べてずいぶん短いですね。

順走します。

     
  それではスタートです。前の国道、249号線終了後、そのまま160号線に突入です。
 
七尾市川原町
七尾市川原町
     
  七尾市の中心から東進して富山湾に向かいます。
 
七尾市佐味町
七尾市佐味町
     
  そして富山湾沿いに出ます。奥に見えているのが富山湾です。
 
富山湾へ
富山湾へ
     
  しばらく走ると、石川ー富山の県境に着きます。ここから向こうは富山県氷見市です。
 
県境
県境
     
  ここにはこのような県境の印があります。面白いですね。
 
正に県境
正に県境
     
  反対から見たらこんな感じです。
 
県境(反対から)
県境(反対から)
     
  海を見ると岩が見えます。鳥も。カモメでしょうか?
 

岩と鳥
岩と鳥

     
  県境を後にして富山湾沿いを南下します。26 km のキロポストがあります。行程の半分を超えました。
 
氷見市脇方
氷見市脇方
     
  そして氷見市内を通過します。次の交差点の県道76号線を左折すると、JR氷見駅へ行きます。
 
氷見市内
氷見市内
     
 

氷見市街地を抜けてさらに南下し、高岡市に入ります。高岡市内に入るともうすぐ終点です。(氷見から高岡に向かうこの道は 氷見街道 と言うようですね。)

160号線の終点は8号線富山高岡バイパスとぶつかって終了ですが、ここは交差点ではなく、インターチェンジになっています。右の地図で上から来ているのが160号線で、バイパスの上を通り過ぎ、ぐるっと回って東から8号線バイパスに合流します。つまりここは、どこが終点なのかよくわからないのです。

まぁインターチェンジだからしょうがないか、と思って通っていると、なんと、ちょうど8号線バイパスの上を通り過ぎるあたりでしょうか、160号線の終点の標識が道路脇に立っているではないですか!

「ををを!」っと思ったのもつかの間、すぐに通り過ぎてしまいました。こんなん撮れるわけ無いやんか、、、、

しょうがないので、8号線パイパスに降りて最初の交差点の四屋交差点の写真で160号線が終わったことにします。

   
 
四屋交差点
四屋交差点
     
  後日、156号線の始点に向かう際にやはり氷見街道を使いました。この時に、再度160号線終点の標識の撮影にチャレンジです。
下の写真は四屋IC進入直前のもので、直進です。
道が分岐している先に青い案内標識が見えていますが、あの先に目指す標識があります。
 
四屋IC
四屋IC
     
  そしてこれが160号線の終点の標識です。確かに「終点」と書いてあります。満足。笑
(でもクルマを運転しながらの撮影は大変危険なので、止めましょう。)
 
160号線の終点
160号線の終点
  これで160号線は終了です!
この国道は短かったですが、富山湾沿いの走行は結構良かったです。
また珍しい県境の印や終点の標識も撮れたので満足ですね。(繰り返しますが、走行中の撮影は危ないので止めましょう。)
 

次は、359号線です。



 前の国道(249号線)へ
「国道101号から200号まで」へ戻る

トップへ